産後がはじまった

こどもがうまれたらそれはもう産後

義母電凸事件

嫁姑問題、まだまだ終わらん。終わらんよ〜!

義母といろいろこじれまくり、もう指輪を返すしかなかろうと夫が楽天でケースを取り寄せたりなんだりしている間に、なんと義母が私の母に電凸して、おたくは娘さんにどんな教育をしてるんだ、つきましては一度両家両親で話し合いたいので、来週九州からそちら(東北)に伺ってもよいか、と詰め寄っていたことが判明…。

いつもボンヤリしているうちの母が、一体何を話し合うんでしょうか?と聞いても、とにかくこういう時は実際に顔を合わせて、お互いに思っていることを話し合わねばならない!と要領を得ないらしい。

で、母も相槌打ちつつ向こうの話を聞いてたら、「◯◯家の嫁としての務めを果たすべき」「息子が100%仕事に集中できるようにするのが妻としての務め」「家族として思っていることを包み隠さず話し合おうと嫁に言ったら、あれも嫌だったとかそんなことばかり。私が言いたかったのはそんなことではない!」「母の日プレゼントも最近くれない(※大喧嘩して以来あげてません)」「電話で変に他人行儀な敬語になるのはおかしい、もっと実の娘のように付き合いたい」「ラインブロックとかありえない、ご飯は毎日食べてるはずだから、そのときにピッと返信すればいいだけ」みたいなことを、向こうは1時間以上言ってたらしい。

しまいには「とにかく嫁であるという自覚が足りない。◯◯家の名字を名乗っていなければここまで腹も立たないのだが…」とか言い出したので、母が「それってどういう意味ですか?」と聞いたら、「いまは別々の名字で一緒に暮らしている人もいるし…」と、私と夫が籍を抜いて事実婚状態になることを暗に示唆したらしい!

実母が「いや〜、もう子もいるわけですし…」と取りなしたらその話はそのままたち消えとなり、義母もいろいろ話してスッキリしたのか、義母が秋田に来ることは取りやめになったらしいのだが、なんというか義母はマジで私と夫を離婚させるつもりだったのか、と、私は驚愕した…。

私は正直、かなり性格が悪いゲスっ子なので、嫁姑問題の際も半分はブログのネタになってラッキーというか、はっきり言うとゲラゲラ笑いながら「キチガイトメ乙www」とニラニラしていた部分もなきにしもあらずだったのだが、直接的な言い方ではないにせよ、離婚しろ!って言われてみると、いやー、なんというか、へこむものですね。昨晩はノリノリで詫び状(?)の下書き考えてたのだが、なんだか急に、死にたい気分MAXに…。

夫も「ここまでヤバイ人だったと知らなかった、ごめん」と平謝り状態で、うちの両親にもご迷惑かけてスミマセンと謝ってくれたから良いのだけど、これが原因で離婚とかなったら、マジどうしてくれるんだ義母よ…。

ここ数日、かなりのエネルギーを嫁姑問題に持っていかれて少々疲弊気味で、私も少し義母のことバカにしすぎたか、と、すこし反省している。本当に毎日、ずっと義母のこと考えてるよ…これは恋かな?