読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産後がはじまった

こどもがうまれたらそれはもう産後

断乳と義母と

1歳10ヶ月になる息子だが、実はまだおっぱいを飲んでいる…。もうまともに出てないと思うのだけど、一種のレジャーとして、母がいるときは一応口に含んでおきたいらしい。先日出張があって、出産以来はじめて子と一週間弱離れて過ごしたのだが、その間は普通に元気に過ごしていたらしい。しかし私が帰ったその夜から、またおっぱいおっぱいへばりついてきて、話が違うじゃないか!!と叫びたくなった。

実は1歳2ヶ月の時に一度断乳して、なんとなく成功していたのだが、義母が泊まりに来ている一週間の間におっぱい復活してしまっていた。頭おかしいんじゃないかと思うくらい母乳派の義母だったので、まだ微妙におっぱいを欲しがる様子を見せると「かわいそう!赤ちゃんが欲しがるだけあげるべき!!」とか絶対に言うのではと疑心暗鬼になってしまって、義母の前で赤子がぐずりださないようにと、お風呂とか寝室とかでこそこそおっぱいあげていたのだ。そんなことしてたら、まあ元の黙阿弥というか、以前のように普通におっぱい飲むようになっちゃいますよね・・。

義母とはその滞在中に大ゲンカをし、以来私は一切連絡を取っていない(夫は普通にメールとかしてるらしいが)。断乳も失敗するし関係は悪化するし、やはりあのとき義母に来てもらうべきではなかった。

…と、なぜこんな義母の悪口ばかり書いているのかというと、先日義母から夫に、「突然だけど、なんか悩んでない?仕事や生活が重たくなってるんじゃない??仕事と子育てでストレスが抜けないんじゃないかと、『家族』として心配してるんよ。おかあさんの取り越し苦労かな?」という旨のメールが来ていることが判明したからだ。夫が電話で義父から「最近忙しいの?」みたいに聞かれた際に、「まあ大変だけど頑張ってるよ」みたいに返したら、数時間後に上記のようなメールが義母から来たらしい。

夫が義実家にどんな風に話をしたのかは分からないが、一歳児を抱える共働きブラック企業勤務の夫婦が、仕事と子育てでひーこら言うのは当たり前だろうが!嫁だけが夫の仕事がストレスなくできるように気を使い、苦労すれば満足なのか。いろいろ言っているけれど、結局あなたは私が働いているのが気にくわないだけなのではないか。そして実際に会えば孫孫マゴマゴ言うくせに、たまさか夫にダンボール箱で送ってくる食料の中身は、「地元で取れた米」「炒めるだけでチャーハンになる高菜」「炒めるだけでガーリックライスになるにんにく醤油」「梅ヶ枝餅(※地元の名産)」「地元の梨(※夫の大好物)」とか、通り一遍の一歳児ならまともに食べられないような、大学生の息子に送るような品ばかりではないか…!

そんなふうに、わたくしはまたしても叫びたくなった。

私も子ども(男児です)が結婚したら、嫁にウザがられるのを覚悟で、あれこれ余計な心配をした上で、好物を送りつけるようになるのだろうか。そうだったらとてもうける。