産後がはじまった

こどもがうまれたらそれはもう産後

新宿区の保育園10月入園

新宿区には保育園十月入園枠があります。

2013年までは「産休・育休明け入所予約制度」という形で、早生まれ等の理由で0歳クラスの年度途中入園を希望している子どものため入園枠を空けておく形だったみたいですが*1、一つの園にしか希望を出せず、指数とか関係なく単純にくじ引き…という形のため不公平感が大きかったのか、現在のような形(いくつかの園で0歳クラスの定員の一部を10月入園枠として残しておく、通常の年度途中入園と同様いくつでも希望を出せる、4月入園と同様に指数で判断)になったようです。現在の保育園入園制度だと、早生まれで0歳4月入園が出来ないとなるとかなり厳しいので、とても嬉しい制度だなと思います。

で、私もダメ元で申し込んでみたんですが、夫婦フルタイムの育休明けのみだと、全然だめでした…! というわけで我が家は認証園で復職することが決定しました。

今回は10月に新しいこども園がオープンすることもあって、0歳クラスで計59人の募集があったんですが、それに対して応募は438名、つまり倍率は約7倍。10月入園枠のない1歳クラスだと空き13人に対し応募は156人(倍率12倍)なので、それよりは少しマシとはいえ、加点要素ナシでこれのみに望みをかけるのは危険すぎると感じます。ちなみに2015年4月入園(一次申込)の場合、0歳クラスは469人の募集に対し628人応募(約1.3倍)、1歳クラスは334人の募集に対し568人応募(約1.7倍)とかです。

保育課の人に聞いたところによると、人気園だとほとんどが兄弟のいるお子さんで埋まってしまい(同点の場合、兄弟姉妹の在籍する園に希望を出している子が有利になるので)、そうでなくても早くから認可外に預けて復職している人じゃないと厳しいとのこと。ママ友に聞いた話によると、やはり10月は枠が小さすぎて上のお子さんがいても育休空け(復職してない)だと結構落ちるので、冬生まれでも育休を切り上げて4月入園を目指す人が多いそうです。OH…。

でも、7月に認証で復職→10月転園に成功、という話も聞いたので、あくまで園によるのかと思います。認可に移った人がいた分だけ認可外に空きが出ますので、それを見越して認可外に早めに登録しておくのも手でしょうが、認可の発表があるのが9月17日とかなので、それまでドキドキしながら暮らすのは精神衛生上よくないですね…。

秋入園の枠があり、そこまで激戦区でない新宿区でさえこうなのですから、年度途中入園は本当に狭き門、ということですね。私も現在進行形の話なので、偉そうに保活ブロガーぶってる場合じゃないのですが、早生まれが確定している妊婦さんへの情報共有も兼ねて。

 

*1:2013年7月の「広報しんじゅく」に説明あり

http://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000126603.PDF