産後がはじまった

こどもがうまれたらそれはもう産後

沖縄旅行

f:id:konagona1050:20150815000636j:image
いい加減どこにも行けない毎日にクサクサしてきたので、生後半年の赤子と夫と共に、二泊三日で宮古島に。結果、すごーく良かった。

・羽田〜那覇宮古と飛行機を乗り継ぎするので大変かと思ったのだが、那覇での乗り継ぎ待ちの間に、授乳したり売店でブルーシールアイス食べたりできて、全く苦でなかった。機内でも子が泣いたりして迷惑じゃないかと心配してたが、夏休み期間なので子供だらけで、全く心配なかった。
・二泊三日だとちょっと短いかなーと思ったのだが、あまり長いと赤子も疲れてしまうので、このくらいでちょうど良かった。
・海外に行くとなるとパスポート取ったり保険入ったり病院調べたり大変だけど、国内だととにかくめんどくさくない
・赤子連れだとさすがにシュノーケリングツアーなどに参加することはできないのだが、景色がとにかく綺麗なので、ドライブしたり海で足パチャパチャするだけでかなり満足できる
・基本レンタカー移動なので授乳やオムツ替えは車中ですればいいし、外でもみんな半裸なので授乳のハードルが低かった(海でタオルかぶって授乳したけど誰も気にしてなかった)
・宿泊先は「宮古島 子連れ ホテル」で検索したら出てきた宮古島東急リゾートにしたのだが、まあここが安定感あってよかった。ベビーカーやおむつ用ゴミ箱なども貸してくれるし、無料エイサーショーなんかもやってて、ホテル内で夏の思い出ゲットできた(ただホテルで晩御飯を食べようとするとかなり割高になるので、外で食べるのが良いと思う)
・晩ご飯は二日間とも居酒屋に行ったが、ほとんどの店で子連れ当たり前で、まじ天国だった(予約時に電話で子連れである旨告げると、座敷を取ってくれる)。

いやー、これは楽しいわ。これまで、小さい子をわざわざグアムとかに連れていかなくていいのにと思ってたんだけど(子どももどうせ覚えてないのに贅沢じゃない?と…)、あれは子どもにいろんな経験をさせたいっていうより、親が行きたいんだなーと理解した。
でも赤子も、ここがどこなのかも分かってないはずなのに、始終キャハキャハ楽しそうなんですよね。東京となにが違うんだろう? 不思議!